就職・転職とは

Pocket
LINEで送る

就職・転職とは

SPONSOREDLINK

職業選択とは

就職・転職に際して、成功するための要因として第一に考えるべきことは、具体的にどんな仕事をしたいかを明確に描き、目的を持つことだといえる。

やりたい仕事を見つける方法の一つとしては、今までの経験から探っていく方法がある。

過去に職歴がある場合は、その経験の中でやりがいを感じたこと、または面白かったと思えた仕事、逆に何が自分に向かなかったか、などを考えて見るとそこから何かが見えてくるかもしれない。

他に、やりたい仕事を見つける方法としては、興味のある分野の書籍やサイトを調べてみる、求人系サイトでどんな職種があるのか調べる、気になる職種に就いている人に直接話を聞いてみるなどが挙げられる。

人生において職業を選ぶということは、自分の人生の道を選択することだ。そして、職業選択の自由は一人ひとりに与えられた権利といえる。

人にはそれぞれ、毎日の生活、生活環境、ライフスタイル、人間関係、趣味など仕事以外の活動が異なるもの。職業を選択するということは、自分の生活環境や生き方を選択するということなのだ。

自分に合った素晴らしい職業にめぐり会うためには、あらかじめよく考えて自分の意思を決定しておこう。

SPONSOREDLINK

自己分析と適職選択

希望の会社や職種を見つけたとしても、自分の能力や経験を具体的にアピールすることが出来なければ転職は成功しない。

過去のキャリアの中で感じたこと、さらに何を学んだか、実績を残してきたならそれらを思い出し、具体的に自分と向き合って考えよう。キャリアが短くても必ず得ているものはあるものだ。

職業選択にもっとも重要なのは己の意思。子供の頃からの夢であったり、信念、価値観、生き方など、自分が思い描く自分の姿だ。

これまでの人生を経てきた中で、自分の得意なこと、逆に不得意なことや、長所や短所、趣味や経験、学んできたことなど、自分について多角的な角度から見つめなおし、特徴を描き出してみる。

特に自分が好きなことはもっとも重要視するべきで、得意なこと、興味のあること、将来のやってみたいこと、夢などまずは紙に書き出してみて一覧にしてまとめるといいだろう。

自分自身を振り返るということは、職業選択だけではなく、面接時での自己アピールの準備にもなる。自分と他人を比較して考えてみると、意外と気づいてなかった点や、長所や短所が見えてくる。

親、兄弟、友達などに、自分について聞いてみるのもいいだろう。自分では短所だと思っていたことでも、他人には長所に見えることもあるのだ。

紙に書き出した自分の性格、能力、価値観、興味、経験などを分析してみて、自分に正直になることで、進みたい方向性がおのずと見えてくるだろう。

職業の分析と検討

自己分析ができたら希望する職業の選択肢を挙げていこう。自分の興味がある職業と、その職業に問われる適正や能力が合致していればベストだが、興味はあるけれども能力的に難しそうな仕事や、興味はないけれど上手くやれそうな仕事などさまざまな組み合わせが考えられる。

「やってみなければわからない」が誰しも正直なところだが、経験者などの意見を参考にするといいだろう。いくつかの掲げてみた職業について、情報収集し分析が必要になってくる。

世の中には、さまざまな職業が存在し、それこそ星の数ほどあるが、まず、興味のある分野にどのような職業が存在するのかを知ることが必要だ。知らないことに興味を抱くことは人にはないのだから。

誰しも興味のあることにはアンテナをはって情報を得ていくもの。情報を得ることで興味があるかないか、意欲をもてそうかがはっきりしてくる。情報を得ていくことでイメージが明確になってくるのだ。

仕事の内容であったり、能力や資質、労働条件などの情報と、求められている人材についてなどの雇用情報をなるべく具体的に調べよう。

職業によっては、学歴、資格、職業訓練などの準備期間が必要な場合もあるので、自分の年齢や経済状況なども考慮しなければいけない。

希望する職業を選択し情報を集めたら、もう一度、自分に合った職業かどうか、理想を追求しすぎていないか、無理なく実現可能かどうかをよく考えてみよう。

第三者や家族などの意見もよく聞いておいた方がいいだろう。職業を選択するということは妥協することでもある。仕事内容から労働条件まで全部満足できるなんてことはほとんど有り得ないことなのだから。

妥協できることと、妥協できないことを冷静に考えて、整理して選択することが職業選びには必要といえる。

SPONSOREDLINK

決断と実行

過去の経験と、今後目指したい仕事がかけ離れているようなときもあるもの。自分がしたい仕事、あるいはやりたい内容などを主張してもうまくいかないことがある。

そんな時は、その中に接点を見つけ、今後やっていきたい仕事に何か生かせないかを考え、アピールの材料とするといいだろう。企業が求めているのは、企業のために何が出来るかを考える人だといえる。

自分自身の個性、適正、希望を満たしたいくつかの職業を、最終的に比較・検討して一つに絞らなければいけない。まず決定するべきことは、どんな職業にするかということ。どこに勤めるかとは切り離して考えてみよう。

職業選択に際して、今後の人生を、一回の選択で決定しなければならないような気持ちになるが、決してそんなことはない。

就職後に、職業の変更をすることになっても、もう一度ちゃんと検討して、またその後の進路を決めていけばいいのだ。

今の時点でベストの選択をすることが大切だろう。ここまで挙げてきたような自己分析や検討をせず、不十分なままなんとなく職業を選んでしまうと、就職してから後悔することがあるかもしれない。

もやもやした気持ちを抱かないためにも、決断は早めに行おう。就職活動を開始する場合は、関係機関に問い合わせたり、求人に応募したり積極的に活動を始めよう。

資格取得や教育訓練を受けるのであれば、情報収集をして有用な技術や知識を学べるところを選択しよう。

就職後が本番

晴れて就職が決まり、ほっとするところだが、ここからが本当のスタート地点だ。就職後の当面の目標は、新しい仕事、職場の環境、職場の人付き合い、新しい生活などに馴染んでいくことだろう。

環境が変わると新鮮で刺激的な反面、疲れやすく精神的、肉体的に緊張した状態が続く。興奮した状態では、簡単なことでもうっかり忘れてしまうこともあるので、メモをとる習慣をつけると良いだろう。

新しい環境、新しい出会いの中で、いきなり嫌なことや大変なことが起こったり、仕事がきつく感じたり、想像していた内容と違うなんてことがあるが、これはどんな仕事にも有り得ること。

「継続は力成り」という言葉があるように、ひとつのことでも続けることで楽しい部分が見つかったり、良い人との縁が生まれたりもするものだ。

嫌なことより、良いところを見つけていこう。

SPONSOREDLINK