履歴書について

Pocket
LINEで送る

履歴書について

SPONSOREDLINK

履歴書とは

履歴書を提出して、書類選考で落とされていては何にもならない。では、書類選考に通過するための履歴書は何を気をつけて書けばいいのだろうか。

書かれている内容が重要なのはもちろんだが、意外と文字の量であったり、書き方、写真の撮り方や貼り方などでもある。これらは書く人の性格や意欲などが意外と伝わるものだ。

履歴書の第一印象はかなり重視しなければならないところ。採用担当者は、これまで多くの履歴書と書いた人を見ている。よって履歴書と人物を重ねて見るようになるので、逆を言えば履歴書からその人の印象が想像できてしまう。

履歴書を見た瞬間、採用担当者が会ってみたいと思わせる履歴書に仕上げることが重要だ。

履歴書の書き方

面接の際に必ず必要になるのが履歴書だが、どのように書けばいいのか悩んだ経験は誰しもあるものだろう。

黒の万年筆か、極細のサインペン、ボールペンなどと履歴書を用意して、丁寧に記入するようにしよう。最初から清書するのが不安な人は、鉛筆で下書きするのいいだろう。

履歴書を書くときの原則は、黒いペンで丁寧に書くこと、汚さないれた用紙は取り替えること、空欄を可能な限り埋めること、にある。

書き間違えた用紙はもったいないですが、破棄して新たに書き直すようにしよう。学歴や職歴を偽って記入することだけは絶対にしてはならない。

SPONSOREDLINK

履歴書の記入項目

【日付】
履歴書を提出する日付を記入するのが一般的。数字には算用数字を使う。ふりがなとフリガナ「ふりがな」とあればひらがなで、「フリガナ」とあればカタカナで書く。

【印鑑】
汚れたり、曲がったりしないように捺印しよう。最近の履歴書には印鑑欄が無い場合が多く、名前の横に押しておいたほうがいいだろう。

【写真】
基本的にカラーでも白黒でもいいが、3ヶ月以内に撮影した写真を使用する。髪が長い人は後ろに束ねて顔をはっきり撮影する。間違ってもスナップ写真やプリクラを使わないようにしよう。

【住所】
郵便番号から都道府県、市区町村、マンション名やアパート名まで正確に記入する。

【電話番号】
市外局番から記入する。固定電話が無い人は携帯番号でも可。現在の履歴書は、携帯電話番号やE-mailアドレスの記入欄がついている。

【学歴】
小学校と中学校は卒業年を記入、高校、専門学校、短大、大学などは、入学年と卒業年を記入する。また、学部・学科・専攻名まで詳しく記入したほうがいいだろう。

「〃」を使いたくなってしまいがちだが、手抜きをせずにきちんと記入するようにしよう。

【職歴】
アルバイトの経験は記入に悩むところだが、約半年ほど仕事をしていた場合は記入するべきだろう。短期間の場合はイメージ的によくないかもしれない。

企業名や会社名の(株)はきちんと株式会社と書こう。退職した場合は、「一身上の都合により退職」と記入する。辞めた理由は口頭で伝えるようにする。

【資格や免許】
応募職種と関係ない場合でもアピールになるので記入しよう。

【趣味や特技】
映画鑑賞や音楽鑑賞ではありきたりだが、どんな映画が好きなのかなどより詳しく記入しておくと、真実性が増して良い印象を与えることができる。

【志望動機】
この仕事を何故やろうと思ったのか、自分に問いただしてきちんと説明できるように整理をしておく意味からも記入しておいたほうがいいだろう。可能な限り具体的に記入して気持ちを伝える。

【希望欄】
あまり金銭的なことを記入するのは印象が悪いので、口頭で聞きくようにしよう。主に、勤務時間、勤務地、勤務曜日などの希望がある場合に意思表示する欄。

【通勤時間】
自宅を出てから職場に到着するまでの通勤時間を記入する。前もって調べておくのが一番だが、当日に所要時間を計って記入してもいいだろう。

【保護者記入欄】
18歳未満の人の場合、保護者が承諾しないと働けないことがあるので、事前に確認して記入してもらおう。

SPONSOREDLINK

履歴書のポイント

【基本項目はキチンと記入】
職歴欄、資格欄など書き方が決まっている欄は、変化を加えず読みやすさを重視する。

【誤字・脱字に気をつける】
全て書き上げたら再度チェックをしてみることが大切。思わぬ誤字脱字が見つかるかも知れない。

【バランスを考える】
読みやすさを重視して、決まったスペースに適度な文字量で書いていく。

【書体は丁寧に】
字に自信がなくても丁寧に書くことが大切。

【修正液や空欄はNG】
訂正は書き直す。空欄が多い履歴書は意欲が伝わらない。

履歴書を送る際の注意点

就職活動を始めると履歴書を封書で送るケースも出てくる。注意点がいくつかあるので要チェックしよう。

【敬称】
採用担当者や特定の個人への宛先は「~~様」とし、企業や会社の部署などの宛先は「~~御中」となるので気をつけよう。

【宛名】
よく、株式会社や有限会社を(株)や(有)としてしまいがちなので注意、また、前株(株式会社~~)や後株(~~株式会社)の違いもあるので要注意。

【封】
封は必ずのり付けした上で、封の上に「〆」と書こう。間違ってもホッチキス、セロハンテープで封をしないようにしよう。

【差出人】
これも必ず必要なので、裏面の左下よりに、郵便番号、住所、氏名を記入する。

【履歴書在中】
専用封筒であれば不要だが、通常の封筒を使用する場合は、左下に赤のインクで「履歴書在中」と書こう。

SPONSOREDLINK